東京と大阪間の引っ越し料金は業者によってかなり違いがある!

東京と大阪の間の引越しは、遠距離区間としては単身・家族ともにやはり日本で一番引っ越す方が多い区間。

 

それだけに東京−大阪間の運搬を得意にする業者も存在します。そのような業者は他社とは違う荷物運搬ノウハウ・ルートを持っていますから、その効率の良さで価格を安く抑えて引越しを行ってくれます。

 

知名度の高い大手の引越し会社は安心感が高いですが、料金もそれなりにお高いというのが通り相場です。もしお願いしようと考えている業者さんがあったとしても、念のために他社の価格をチェックしておくのがベターです。

 

引越してしまってから「ずいぶんと損をしたかも・・・」と誰しも後悔はしたくないですからね。

 

また、東京−大阪間の引越し料金を定額で打ち出している業者はほとんどありません(例外的な日通の単身パックXは東京⇔大阪間の価格59,000円)。

 

引越し業者の価格はいつも決まったものではなく、タイミング次第という側面もあります。

 

当サイトでこの後に説明している混載便(1つのトラックに多世帯の荷物を相乗りさせる方式)が、引っ越し予定日に空いていて安く引っ越せた!という偶然が意外にあるのも、東京⇔大阪間という運搬量が多い区間ならではです。

 

新生活のために少しでも節約をしたいという方は、5社程度の見積もりを比較してみましょう。そのためのツールとしては無料で使える引越し一括見積もりサービスがとても便利です。

 

以下に平均的な東京−大阪間の料金目安を記しますので、だいたいどのくらいの費用が掛かるのかという点で参考にしてください。

すぐに引っ越し業者の見積もりを比較してみたい、急ぎで業者の予約を済ませたいという方は、当サイト下部にある一括見積もりサービスの説明に向かってください。

 

こちらから⇒安い引っ越し業者が判る一括見積もりサービスの説明

東京・大阪間の引越し料金の目安はこのくらいです

引越しの運送方法にはチャーター便、混載便などがあります。

チャーター便で引越しする場合、費用はどのくらい?

チャーター便は作業員とトラックを引越しの最初から最後まで行ってくれるものです。

  • 単身者の場合は30.000円〜120.000円位、
  • 大人二人の場合は95.000円〜180.000円位、
  • 3〜4人世帯では120.000円〜240.000円位

がおおよその相場となっています。

混載便・コンテナ便はどのくらいの料金が掛かる?

混載便は他の荷物と一緒に運ぶ方法です。
コンテナ便は鉄道会社やトラック会社などと連携して
東京⇔大阪に荷物を運ぶ方法です。

  • 単身者では13.000円〜80.000円位、
  • 大人二人で40.000円〜120.000円位、
  • 3〜4人世帯で52.000円〜160.000円位

がだいたいの平均的な相場となっています。

何を利用すると東京-大阪間の引越し料金は安くなる?

混載便、コンテナ便はチャーター便に比べると割安になっています。利用には引越し業者を通して行えるので面倒な手続きなどはありません。

 

引越しの荷物の運送には破損などが起こる可能性がありますが、コンテナ便の場合は荷物の搬出と運送が違ったり、途中で積み替えなどがあるので、破損したときは責任の所在が不明確になることもありますので、ここがデメリットとなります。

 

引越しの人数が同じでも料金に違いが出るのは荷物の量や引越しの時間帯、引越しの時期などが関係してきます。引越しの時期が一番混む3月と4月はどこの業者でも上記の料金の上乗せがあります。

東京-大阪間の引越し料金を安くする方法はコレ!

引越し料金は、時間帯を選ばなければ安くなります。
一般的にはこれをフリー便と言っています。

 

各引越し業者には様々なプランやパックが用意されていて、高いところとそうでない業者の費用には雲泥の差があるんです。

 

引越し料金を安くあげたいのであれば複数社の見積もりが絶対に必要です。 必ず比較を行いましょう!

 

そして訪問見積りを受けて「あの業者では◯◯円だったのだけれど」と簡単な交渉をしてみてください。数万円は確実に差が出てくるのが引越しというものなのです!

 

単身の引越しであっても業者によって、季節によって、日によって料金が随分と違います。これが家族であればなおさらです。

 

見積もりを比べてみないと大きな損をしてしまいますよ!
東京−大阪間の料金見積もりを比較するにはコレを使います。

 


 

 

 

引越し業者が提供しているサービス「単身パック」について

一人暮らしの東京⇔大阪間の引っ越しに便利なのが、ほとんどの大手引越し業者がおこなっている単身パックサービスです。

 

荷物が少ないほどお得になるため学生や単身赴任など、荷物が少ない引越しに適しているのです。

 

引越し単身パックには、主に2種類のタイプがあるのです。使用するコンテナボックスのサイズと個数によって料金が決まる「BOX型」と、「見積もり型」です。

 

「BOX型」は業者によってサイズなどは異なりますが、基本的に荷物を詰めるコンテナボックスが何パターンか用意されています。コンテナに荷物を詰めて運ぶため料金が安く、明確なのです。この「BOX型」は専用のコンテナを使用するため、冷蔵庫やテレビなど大きな荷物や量が多い場合にはボックスの追加が必要になり、割高になってしまう場合もあるのです。

 

「見積もり型」は大きな荷物を運ぶことも可能です。「BOX型」よりは想定する荷物量が多いために「BOX型」より料金は当然ながら高めになりますが、引越し業者によってはかなり安くなる場合もあり、値引き交渉も可能なのです。そのため単身引越しでも荷物が多い場合には、「見積もり型」の方が安くすむ場合が多いのです。

 

東京−大阪間の引っ越しで単身パックを利用する場合には、「BOX型」と「見積もり型」、どちらが自分の引越しに適しているのかは第一に荷物量の見極め、次に料金と考えましょう。

東京⇔大阪間の引っ越し料金はなぜ業者によって違いがあるの?

引越しが決まると、ほとんどの人は引越し作業を引越し業者に依頼します。遠距離を家財道具一式を運ぶとなると、とても素人の手には負えません。そこでどの業者に依頼するかで多くの人が頭を悩ますことになります。引越し後の新生活にかかるお金も馬鹿にならないので、なるべく引越し料金は安く済ませたいものです。ですが世の中には全国的に有名な引越し業者から、地域密着型の業者まで数えきれないくらい存在しています。その料金もサービスも様々で、どの業者に依頼するかを決めるかは非常に難しい問題です。

 

業者によっては同じ条件でも料金が全く違う事も珍しくありません。なぜこんなに料金が高いのか、なぜこんなに料金が安いのか、疑問に思うはずです。

 

それは業者によって得意分野が違うというところが大きいでしょう。輸送システムが整っている業者であれば、長距離輸送が得意なため長距離でも料金は安くなりますが、狭いある特定の地域を得意としている業者に東京−大阪間の長距離輸送を依頼すると、料金が高額になってしまうのは当たり前です。

 

他にも多量の家財道具を運ぶことに特化している業者、単身や少量の家財道具を迅速に安価に運ぶことに特化している業者など、それぞれに得手不得手があります。引越し業者を探す際には、自分はどういうタイプの業者を探したいのかを明確にして探し始めましょう。

 

東京-大阪間の引越し費用の見積もりを比較しましょう!

一度にたくさんの引越し業者の見積もりが取れます。
無料なので、知ってる人は皆が利用しているスタンダードなサービスです♪

 

東京⇔大阪の引越し 簡単な入力で見積りが最大10社から届きます! >> Click!!

 

東京から大阪、大阪から東京の大都市間の引越しは最も頻繁に行われているのではないでしょうか。これから引越しを予定している方は、よく聞く引越し業者から地域密着の引越し業者まで実に豊富にあって選ぶのにひと苦労していませんか?。引越し業者を選ぶ基準としては、やはり引越し料金でしょう。自分の引越し費用がどのくらい掛かるのかは各業者マチマチなんです。

 

上で紹介した見積もりサービスを利用しなければ、そもそもどのくらいの価格が適正なのかすら分かりませんよね^^;

 

 

 

東京と大阪間の引っ越しの参考に 引っ越しで最も苦労することについて

これまで慣れ親しんだ住まいから新居へ、生活場所を移すのが引っ越しですが、中でも一番苦労するのは荷造などの準備です。いい機会だからいらないものは捨ててしまおうというのは誰しも思うことですが、これがなかなか決まらないものです。

 

今までも使うかもしれないと置いていたものなので新居へ行っても使うかもしれないと思いがちです。また家庭用ゴミに出せないものは料金を支払って役所に引き取ってもらうのですが、料金を調べてシールを買いに行って引き取りの連絡をしてと面倒なのです。

 

また家電リサイクル法によって決まっている家電製品は役所では引き取ってもらえず、特定の決まった業者とまた同じようなやり取りをしなければならないのです。少しでもお金になるものはインターネットのオークションなどの個人売買を利用するといいのですが、落札された相手によっては支払いが遅いなどのトラブルになる可能性もありますので引っ越しのスケジュールが迫っているときには多少買い叩かれても業者の買取に出すほうがよいです。

 

この作業を社会人は仕事から帰ってきてからしたり休日にしたりします。まだまだ期間が先だからと油断していると思わぬことがあったりするので引っ越しの準備は余裕を持って作業したほうがよいです。

引越し料金を安くするための大切な節約の心!

引越しは荷造りも大変ですが、その費用も大きくなるので、出来ればあまり何度もしたいものではありません。しかし様々な事情で、引越しを何度もしなくてはいけない人もいます。そんな時は少しでも引越し費用を安くしたいものです。引越し費用の基礎知識を持っていれば、費用も少し節約できるかもしれません。

 

さて、知っておきたい引越し費用の基礎知識とは、どんなことなのかと言いますと、まず距離が長いと高くなる、ということです。これは引越し先が遠距離であれば仕方のないことですので、別の方法で節約しなければいけませんね。

 

次に、時期的に高くなる時期と格安になる時期があるということです。移動の多い春、年末などは、特に高くなりますので注意しなければいけません。反対に安くなる時期は1月や6月などで、比較的ねらい目です。曜日で言いますと土日が高く、平日は安くなります。また「大安」の日が高くなり「仏滅」が安くなる傾向がありますので、気にしないのであれば仏滅の日が空いていて安くなるということになります。

 

それから、何よりも気をつけなくてはいけないことは、荷物が多ければ引越し費用も高くなる、ということです。生活しているうちに荷物はどんどんと増えていく傾向にあります。引越しを楽にするためにも、時々は家の中を整理して不要なものは処分するか、売れる物は売っていくようにすればいいでしょう。このような引越し費用の基礎知識を大いに活用して、少しでも費用の節約をしたいものですね。引越しの準備、進んでいますか?、荷物をどうしようか悩んでいる方は引越しの梱包などの記事を参考にしてみてください。

 

東京⇔大阪の費用見積りの比較を怠ると損をします!