ダブル家賃は起こりがちです。しっかりとケアしましょう。

賃貸住宅にお住まいの場合、引越しとなると退去予告を行い、契約を解消しなければなりません。

 

ほとんどの場合、1カ月から2カ月前までに退去予告をすることでスムーズな契約解消となるのですが、稀に退去予告は3カ月前までに行わなければならないというところもあるようです。この退去予告の期間を過ぎてから契約解消の連絡を入れると「ダブル家賃」なるものが発生することになるので注意しなければなりません。

 

このダブル家賃というのは、簡単に言うと罰金のようなものです。

 

契約書に「3カ月前にまでに退去予告を行うこと」と書いてある場合、退去予告を1カ月前に行ってしまうと3カ月から1カ月を引いて2カ月分の家賃の請求を受けることになります。おまけに新しい住まいの家賃も払わなければならないので、これは非常に痛い出費となります。

 

ダブル家賃とならないようにするための最善の策は、退去予告をしてから新居を探す方法となります。そのためにももう一度現在の住まいの退去予告が何カ月前までなのかを確認しておきましょう。引越しをすることが決まったらなるべく早く退去予告をして余裕を持って新居を探すようにしてください。

 

交渉次第では日割計算を行ってくれるところもあるのでこの点も確認しておくと良いでしょう。日割計算を行ってくれるようであれば月の半ばに引越しができるので、月末の引越しが集中する時期を外すことができるため料金の割引を受けられる可能性が高くなります。何事も早めの行動と事前の確認が大切です。

 

必ず行いたい!下見の重要性

転勤などの時期には、賃貸住宅の需要も高く、すぐに空いている物件がなくなってしまうことも考えられます。しかし、下見をせずに、物件を決めてしまいますと、かなりのリスクを伴います。ですから、下見は必ず行ってください。

 

では、何をチェックすればよろしいでしょうか?以下に最低限チェックすべきことを説明します。快適に過ごすためには、日当たりが良いことをしっかり確認すべきです。そして音のチェックをしてください。上下の階や隣の住人の音がどのくらい伝わるのかも大切な要素です。

 

また、室内のフローリングや壁などのキズなどをしっかりと確認しましょう。押入れや、クローゼットなどもしっかりチェックしましょう。カビなどが発生している場合があります。天井のシミも重要なポイントです。転勤などで単身赴任をするなら見積もりでワンルームマンションの荷物量などを把握しながら安い価格で行いましょう。

 

もしシミがあるようならば雨漏りがする可能性が高いです。そして、建てつけもしっかり確認します。ドアなどがスムーズに動かなければ快適な生活ができません。

 

また、パソコンや電化製品などを多く持っている方は、コンセントの数も大切です。タコ足配線では、火事になる危険性もあります。アンペアを確認することも必要ですね。そして、収納スペースが確保されているか?どのような設備が設置されているのかを確認することも忘れてはなりません。自腹で購入しなければならないケースとあらかじめ設置されている場合では、費用が異なります。そして、電波状況(携帯電話)や防犯対策は万全か?なども大切なことです。

ダブル家賃に注意|東京と大阪の引越し費用関連ページ

不用品を上手に処分する
業者を利用しない引越し