引越し業者を利用しないで自分で行う

東京と大阪間を自力引っ越しする方はかなり少ないでしょうから、特に詳しい説明はここではしませんが、レンタカーを利用した場合についてのみの説明をしておきます。

 

一人暮らしなどの荷物の少ない引越しの場合は引越業者に依頼せず、自分で軽トラックやワンボックスカーを借りて引越しを行うという方法もあります。

 

しかし、いくら荷物が少ないからといっても自分一人で引越しを行うのは大変なので家族や友達に協力を頼むことになるかもしれません。友達に頼む場合はレンタカー代の他に食事代や謝礼なども用意しておかなければなりません。

 

そしてもちろん東京と大阪間の高速道路を利用するのであれば、高速代もかかります。当然ながらガソリン代もかかりますので、決して安く済ます手段ではないかもしれません。

 

レンタカーを借りるにはまず、レンタカーの会社に荷物の量を告げて見積りを出してもらいましょう。そして自分の引越しに最適な車種を選びます。軽トラックは屋根が付いていないので高さのある家具や家電を運ぶのに便利です。レンタル料金は6時間で5000円くらいから借りることができます。ライトバンは普通自動車よりも高さがあり、小さい段ボールでしたら10個くらいは積むことができます。レンタル料金は6時間で5400円くらいからです。ワンボックスカーは小さい冷蔵庫や家具なら乗せることができます。レンタル料金は6時間で5000円ほどです。

 

これ以外にもコンテナ付きのトラックも借りることができます。コンテナ付きなら雨が降っても荷物が濡れる心配もありません。こちらは6時間で12000円ほどかかります。

 

東京と大阪間の引っ越しでは、もしかすると荷物量によっては、自分でレンタカーを借りて家族総出で引越しを行うと、引越し業者に依頼するよりも費用を安く抑えることができるケースもあるでしょう。しかし、万が一荷物が破損したり紛失したりしても責任を問うことはできません。

 

また友達がたくさん手伝いに来てくれてイベントのようなノリで行うこともあるかもしれませんが、食事代や謝礼に思ったよりお金が掛ることがあるのは冒頭で述べた通りです。

業者を利用しない引越し|東京と大阪の引越し費用関連ページ

ダブル家賃に注意
不用品を上手に処分する